クスリックス > アイピル 薬局dipリックス

アイピル 薬局dipリックス

アフターピル・低容量ピル・避妊薬ならばコチラをご参考として下さい。

アイピルなどのアフターピルは使い方さえ間違えなければほぼ避妊に成功することができると言われています。
普段ピルを使用していない方で事後の緊急な避妊を望んでいる方はアイピルをお試し下さい。

triquilar

アイピル商品詳細ページへ

buy2

アイピルは、モーニングアフターピル緊急避妊薬としてご利用いただけます。
モーニングアフターピルの妊娠回避効果は非常に強力でその効果は性交渉後24時間以内の服用で90%以上避妊が可能です。72時間以内の服用でも75%の避妊効果があると言われています。
アイピルは大変高い避妊効果があります。もし性交渉中にコンドームが破れるなどのトラブルがあってもこれなら安心です。
避妊に失敗した場合、決められた時間内にアイピルを服用するだけで卵子の受精や受精卵の着床を防止することが可能です。

使用方法:アイピルの服用は72時間以内に1錠を服用して下さい。性行為後から服用までの時間が短ければ短いほど避妊率が高くなりますので早めの服用がお勧めです。

注意点:アイピルは、服用後24時間以内に吐き気、頭痛、胸の張り、不正出血などがあることがあります。女性ホルモンの影響です。吐き気を感じる場合は、服用をやめ吐き気止めなどを場合によってはご利用下さい。

アフターピルより確実な避妊が出来る低用量ピル


低用量ピルとは毎日同じ時間に1回使用することにより排卵を抑え、子宮内膜の増殖を抑える作用があります。
排卵自体を抑えるためコンドームよりも高い避妊効果があります。
確実さ、さらに安全性の高い避妊を行うことにより望まない妊娠を事前に予防することが出来ます。

・オブラルL

ovral.L

オブラルL通販ページへ

buy2

オブラルLは、ファイザー社に統合された旧ワイス社によって開発された薬です。
低用量ピルの一種で、エチニルエストラジオールおよびレボノルゲストレルが有効成分となっています。卵巣からの排卵を抑える働きがあるため、基本的には避妊を目的に用いられます。
ただし、生理周期を整え、月経痛を少なくする効果があるので、その効果を求めて服用する女性もいます。またオブラルLは、卵巣や子宮内膜のガンの予防に役立つことも知られています。


使用方法:オブラルLの服用は、月経の初日から開始します。まず、この日から1日1錠を21日間続けて飲んでください。21日間飲み続けた後は、7日間にわたって服用を休止します。この7日間が経過したら、再度同じ周期で服用を始めます。

注意点:オブラルLは、1日に1錠を超えて服用しないよう注意してください。服用開始後間もない段階では、吐き気や頭痛、乳房の痛みや張りなどが生じる場合があります。最大の避妊効果を得るには、毎日同じ時間帯に服用することを心掛けましょう。喫煙すると血栓ができやすくなるおそれがあるので、服用期間中は禁煙が必要です。

>>>今回紹介したもの以外の低容量ピル一覧はコチラ





アイピル 薬局dipリックス アイピル 薬局dipリックス 
アイピル 薬局dipリックス アイピル 薬局dipリックス 
アイピル 薬局dipリックス アイピル 薬局dipリックス 
アイピル 薬局dipリックス アイピル 薬局dipリックス