クスリックス > デパス ジェネリック create value クスリックス

デパス ジェネリック create value クスリックス

デパス(エチゾラム)は田辺三菱製薬から発売されている抗不安剤です。脳の神経受容体のBZD受容体に結合することでリラックス作用があります。
デパスは気持ちを落ち着かせる効果以外にも、肩こりを緩和させる効果や睡眠障害の人向けに睡眠導入剤として使われることもあります同系統の薬の中では、作用は強めになっていて作用時間は六時間以内となっています非常に安全なお薬と言われており、持続時間は6時間程度と言われています。

デパスの使用方法は1日3mgを3回に分けて服用する。

高齢者の方には1日の服用量を1.5mgまでとする。デパスの副作用は眠気やふらつき、倦怠感などです。副作用の関係上、車の運転や危険な場所での作業は控えてください。急な断薬の副作用として依存性(いらいら、強い不安感)なども報告されています。

当店で取り扱っているデパスジェネリックはエチラームです。

デパスジェネリックには2種類があります。

デパスジェネリック0.5mg

etilaam0.5
>>>デパスジェネリック0.5mg通販ページへ

buy2


デパスジェネリック1mg

エチラーム1mgのパッケージ
>>>デパスジェネリック1mg通販ページへ

buy2


当店にはハルシオンのお取り扱いはございません!

ハルシオンは、ファイザーから発売されているベンゾジアゼピン系(超短時間型)の睡眠薬であり、不眠症や麻酔前投薬に使用されます。

有効成分トリアゾラムがCYP3A4で代謝されて効果を発揮します。薬物動態は、0.5mgを内服した場合、1.25時間で血中濃度が最大に、2.9時間で血中濃度が半分になります。ハルシオンの投与量は腎機能に関わらないため、血液透析中の方にも使用することができますが、一週間以上の連用や、習慣性、高齢者への投与には注意が必要です。

不眠症に使用するときは1回0.25~0.5mgを就寝前に使用。高齢者の場合は、1回0.125~0.25mgとする。麻酔前投薬の場合は手術前夜に1回0.25~0.5mgを就寝前に使用。副作用としては、薬物依存や離脱症状がある。また、急性狭隅角緑内障や重症筋無力症の方は使用禁忌です。

ハルシオンは超短時間型で作用する薬なので、すぐに効果が表れて、効果が切れるのも早い薬だなので入眠障害に効果的だと思います。また、使用感として、ぐっすり眠れること、リラックス感が強いことが挙げられます。

ハルシオンはありませんがエチラームはあります!!

デパスジェネリック0.5mg

etilaam0.5
>>>デパスジェネリック0.5mg通販ページへ

buy2


デパスジェネリック1mg

エチラーム1mgのパッケージ
>>>デパスジェネリック1mg通販ページへ

buy2