クスリックス > 女性用バイアグラのラブグラとウーメラは効かない?

女性用バイアグラのラブグラとウーメラは効かない?

女性用バイアグラのラブグラとウーメラは効かない?と言われていますが、ラブグラやウーメラが効かないのは正しい使用方法で服用していない可能性が挙げられます。当サイトクスリックスではラブグラは販売しておりますが、ウーメラは販売しておりません。(ウーメラは殆どラブグラと同様の効果が得られると言われています)
正しい服用方法でラブグラとウーメラを服用すれば、効かないという事はありませんので、下記の使用方法から正しい服用方法をご確認下さい。ウーメラは販売しておりませんが、ウーメラよりも効果があったという口コミが多いラブグラを当サイトクスリックスではお安く販売しておりません。


・ラブグラ100mg(女性用バイアグラ)

lovegra100a


【商品詳細】

ラブグラは、製薬会社アジャンタファーマが製造・販売する、女性の性的興奮障害や不感症を改善するために使用される医薬品です。ラブグラの有効成分シルデナフィルクエン酸塩は、酵素PDEー5を阻害して、女性器の周辺の血流を増やし、不感症を改善する作用があります。ラブグラは、女性用バイアグラで、バイアグラと同じように食事の影響を受けやすいという特徴があります。空腹時に服用することで、最大限の効果が期待できるお薬です。ラブグラやウーメラが効かないという事はありませんが、体調や服用方法によって効果が変わる場合があります。


【使用方法】

ラブグラの使用方法は、1日1回、空腹時に1錠を、性行為の1時間くらい前に、水かぬるま湯などで経口服用します。


【副作用・注意点】

亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニトログリセリンなどの硝酸剤などを使用されている方は、ラブグラとの併用は危険ですので、服用しないようにしてください。持病をお持ちの方は必ず使用前に医師に相談するようにしましょう。


ラブグラとウーメラが効かない場合はもう一度、正しい服用方法をご確認してから服用してください。こちらではアフターピルのご紹介をさせて頂きます。

・アイピル1.5mg

i-pilla

アイピルはシプラ社が販売しているジェネリック医薬品で、性行為後に服用することで緊急避妊することが期待できます。 その効果は非常に高く、性行為後24時間以内に服用すれば約95%避妊できるとも言われています。


【商品詳細】

アイピルはシプラ社が販売しているジェネリック医薬品で、服用することで緊急避妊の効果を得られるピルです。 アイピルの主な成分であるレボノルゲストレルは黄体ホルモン剤で、卵子の排出と受精卵の着床を抑える働きがあります。 そのためアイピルを服用することで、妊娠する確率を低く抑えることが期待できます。 性行為時にコンドームが外れてしまったり、破損していたなど避妊が失敗した時でもアイピルを飲むことでケアが可能になります。ラブグラやウーメラを飲んだ後でもアイピルは使用可能です。


【使用方法】

アイピルは性行為後に1錠を服用します。 性行為から服用するまでの時間が短いほど、避妊できる確率が高く、24時間以内の服用で約95%避妊できると言われています。


【副作用・注意点】

アイピルの副作用には胸のはりや痛み、吐き気や頭痛などがあります。 これらはホルモンバランスの急激な変化によって起こるもので、薬の効き目がなくなると同時におさまることが多くなります。


>>>ED治療薬・女性用バイアグラの商品一覧詳細ページへ【正規品100%】

女性用バイアグラ ラブグラ ウーメラ 女性用バイアグラ ラブグラ ウーメラ
女性用バイアグラ ラブグラ ウーメラ 女性用バイアグラ ラブグラ ウーメラ
女性用バイアグラ ラブグラ ウーメラ 女性用バイアグラ ラブグラ ウーメラ
女性用バイアグラ ラブグラ ウーメラ 女性用バイアグラ ラブグラ ウーメラ
女性用バイアグラ ラブグラ ウーメラ 女性用バイアグラ ラブグラ ウーメラ
女性用バイアグラ ラブグラ ウーメラ 女性用バイアグラ ラブグラ ウーメラ
女性用バイアグラ ラブグラ ウーメラ 女性用バイアグラ ラブグラ ウーメラ
女性用バイアグラ ラブグラ ウーメラ 女性用バイアグラ ラブグラ ウーメラ
女性用バイアグラ ラブグラ ウーメラ 女性用バイアグラ ラブグラ ウーメラ